アサガオで色水実験

こんにちは。ライターKです。毎日暑いですね。
冷えたおいしいジュースを一杯どうぞ!

……ではなく。

これ、全部アサガオで作った色水なんですよ。

「科学も化学も苦手で…」と、つぶやいているKに、店長がにこやかに

「じゃあ、簡単で楽しくて、酸とアルカリについてよくわかる色水実験、アサガオでしてみましょうか?」

アサガオで色水…そういえば昔、やった記憶が。
なんだか面白そう。ということで、さっそく実験スタートです。

実験

用意するもの

  • アサガオの花 しぼみかかったものでOK、5〜6個
  • コップ(透明のものがおススメ)
  • キッチンペーパー(なければさらし布かザル等)
  • クエン酸(なければレモンやお酢、ワインビネガー等)
  • セスキ炭酸ソーダ(炭酸ソーダや過炭酸ナトリウムでも可)
  • ボールなどの容器(水+手が入るサイズなら何でもOK)

手順

1.容器に水を入れ、そこにアサガオの花をつけて、手でよくもみます

ほら、少しずつ色が出てきました。ちょっと紫がかった色ですね。

2.色が出たら、搾りかすが入らないように、キッチンペーパーなどで漉しながら、色水をコップに入れます

3.まずはアサガオの色水に、クエン酸をスプーン1杯入れます。

するとほら!粉末が入ったところからピンク色に変わっていきます。

クエン酸をさらに足すと、全体が鮮やかなピンク色になります。

「酸性になると、ピンク色、赤色になるんですね」

そういえば、昔、リトマス試験紙でもやりました。青色の紙が赤になるのは酸性とか…。

4.次は、もとの色水に、セスキ炭酸ソーダを入れてみます。すると、今度は鮮やかな青い色に。

これが、アルカリ性ってことですね?

「はい、色水が、セスキ炭酸ソーダでアルカリ性に」

青というより、エメラルドグリーンに近いでしょうか。

5.さらに、今度はエメラルドグリーンの色水(アルカリ性)に、クエン酸を投入。

するとほら!シュワシュワと泡が出て…今度はまた紫がかった色(中性)に。

「セスキ炭酸ソーダはアルカリ性、クエン酸は酸性だから、反応してシュワシュワするんですよ」

ちなみにシュワシュワの正体は炭酸ガス、なんだそうです。
子どもなら、手品みたいで大喜びしそうですね。

「色水の色を変えるのは、アサガオにある「アントシアニン」という色素です。
アントシアニンは、まわりが酸性に傾くと赤色に、アルカリ性に傾くと青色に発色します。そして中性では紫色になるんです」



アサガオを使った色水実験、小さな子どもでも、もちろん大人でも楽しめますし、小学生なら夏休みの自由研究にもなりそうですね。
夏の一日、童心にかえってやってみるのもおススメです。

もっと知りたい

関連サイト:石鹸百科

実験:アサガオ色水の色を変える

「色水の色が変わるのはなぜ?」「発泡するのはなぜ?」を詳しく解説しています。

ページのトップへ移動