クチコミ・レビューから探す
ランキングから探す

トップご利用ガイド > 商品Q&A (精油・アロマグッズ)

精油・アロマグッズ

精油を手持ちのガラスビンや汎用ボトルに移し替えてよいですか?

精油の移し替えはおすすめできません。

精油は非常に揮発性の高い物質なので、汎用ボトルやほかの製品の空き容器など専用ではない容器に入れると精油の揮発成分によって容器が破損するおそれがあります(例:樹脂やゴム部分が溶けるなど)。ハッカ油や柑橘系(オレンジ、レモンなど)の精油は特に揮発性が強いので注意が必要です。

詰め替えて保存したい場合には、精油メーカーの指定容器や、「精油用」などと明記されている専用容器をお使いください。

ページの一番上へ戻る

エッセンシャルオイルの光毒性とは何ですか?

紫外線に反応して、かゆみや発赤、色素沈着(シミなど)などの皮膚トラブルを生じる性質のこと。光感作作用とも言います。オイルに含まれるフロクマリン類と称される幾つかの成分が原因となって起こります(光毒性のないフロクマリン類もある)。

※ 光毒性を持つフロクマリン類を含むエッセンシャルオイルの一例
ベルガモット、ビターオレンジ、ライム、グレープフルーツ、レモン、アンゼリカ など

手作り化粧品や、マッサージなどに光毒性のあるエッセンシャルオイルを使用した場合は、肌に塗ってから数時間は直射日光に当たるのを避けた方が良いでしょう。

ページの一番上へ戻る

光毒性(ひかりどくせい)のあるエッセンシャルオイル入りのスキンケア製品は、昼に使っても大丈夫ですか?

昼/夜専用である、または使用説明に光毒性についての注意書きがある製品は説明書通りにお使いください。

日中使うことを想定した化粧品に、光毒性のあるエッセンシャルオイルを大量に配合することは考えにくいのですが、もしも不安ならばメーカーにご確認されることをおすすめします。

なお、石鹸やメイク落としなどの場合は、使用直後によくすすげばエッセンシャルオイルも肌から洗い流されます。よって、光毒性の心配もありませんのでご安心ください。

※ 光毒性:太陽光に反応して体に害になるような反応を起こす性質のこと。詳しくは「香りを楽しむ」の「エッセンシャルオイルの光毒性とは何ですか?」をご覧ください。

ページの一番上へ戻る

エッセンシャルオイルとフレグランスオイルの違いは何ですか?どちらがより上等ですか?

「エッセンシャルオイル」とは、天然の植物成分をオイルの形で抽出したものです。種類によって含まれる成分が違い、それぞれの特長を生かしてアロマテラピーなどに使われます。欧米などでは古くから研究対象にもなり、病院で使われることもあるようです。原料の植物が大量に必要なので、ネロリやローズなど驚くほど高価なオイルもあります。

「フレグランスオイル」は天然成分のほかに人工的に合成された成分も含む良い香りのオイルです。エッセンシャルオイルと違い、純粋に香りを楽しむために使われます。成分の一部を化学合成できるため、その分価格は控えめなことが多いようです。

エッセンシャルオイルもフレグランスオイルもメーカーや製品によって品質はさまざまです。個人の好き嫌いによってもその価値は変わりますので、どちらがより上等かを決めることは難しいでしょう。

ページの一番上へ戻る

エッセンシャルオイル(10ml入)を2本買いましたが、 量が違うみたいです。片方はビン一杯に入っているのに、もう片方は7分目までしか入っていません。メーカーも種類も同じオイルなのに、なぜですか?

エッセンシャルオイルは遮光ガラス容器に入っていますが、このようなガラス容器はプラスチックのように均一の厚さに作れず内部はデコボコしています。そのため同じ10mlのエッセンシャルオイルを入れても容器の7分目までしか来ないこともあれば、9分目まで来る場合もあります。お求めになった製品の量が違って見えたのはこのためでしょう。中身の量は同じですのでご安心ください。

ページの一番上へ戻る

キャリアオイルとは何ですか?

エッセンシャルオイルを薄めるために使う植物性オイルのことです。エッセンシャルオイルは植物の有効成分を濃縮したもので、ごく少数の例外(ラベンダー、ティーツリーなど)を除いて肌に直接塗ることができません。そのため、体のマッサージなどに使うためには植物オイルで薄める必要があります。「キャリア(carrier)」には「(何かを)運ぶ人・もの」という意味があり、エッセンシャルオイルの成分を体に運び届けるオイルというところからこう名付けられました。

ページの一番上へ戻る

ご利用ガイド

このサイトについて

取り扱い商品について

商品Q&A

ショッピングガイド

サービスガイド

よくあるご質問

各種規約

ご利用ガイドトップページ