クチコミ・レビューから探す
ランキングから探す

トップご利用ガイド > 商品Q&A (布ナプキン関連)

布ナプキン関連

布ナプキンは石鹸で洗わないといけませんか?

どの洗浄剤で洗ってもさしつかえありません。

当店としては、布ナプキンに限らず、石鹸やアルカリ剤での洗濯をお勧めしております。 布ナプキンの場合は、セスキ炭酸ソーダ(アルカリウォッシュ)でつけ置きしたのち、粉石鹸を使って洗濯機で普通に洗うだけで、とても簡単に汚れが落ちます。

『布ナプキンのABC:洗うのって面倒じゃない?』も参考になさってください。

布ナプキンを使うことをきっかけに、肌に優しく洗浄力の高い「石けん」でのお洗濯を始めてみるのも良いかもしれませんね。

ページの一番上へ戻る

クリップオンタイプの布ナプキンの前後が分かりにくいときがあります。何か目印などはありますか?

前後の長さが同じ製品は、どちらが前でも構いません。どちらを前にするかによってスナップの凹部分が右または左になりますので、使い勝手の良い方をお選びください。前後の長さが違う製品は、長い方が後(お尻側)になります。

ページの一番上へ戻る

白うさぎの布ナプキンには黒い粒々がついていることがありました。不良品ですか?

白うさぎの布ナプキンに時々みられる黒い粒々は綿の殻です。ご使用に際しては問題ございませんので、安心してご使用ください。

製造過程でできるだけ取り除くよう注意を払っておりますが、手作業のため完全に取り除くのは困難なため、わずかに残ったままとなる場合があります。ご使用には問題ありません。お洗濯を繰り返すうちに取れてきます。

なお、布ナプキンは衛生用品でないため、漂白などの化学処理がなされておりません。雑貨商品ゆえの心地よさとしてご理解ください。

ページの一番上へ戻る

海外メーカーの布ナプキン、品質にばらつきが多い気がします。吸収体がちょっと曲がって縫い込まれていたり、隅っこにシミのようなものがあったり。検品体勢はどうなっているのですか?

海外製布ナプキンについては、日本製品よりもこのようなご意見を頂くことが多く、当社としましても大変心苦しく感じております。

一般的に日本では製品に万全を期すため厳しい品質管理をするメーカーが多いようです。一方海外では、多少キズがあっても実際の使用に問題ないなら商品を無駄にせず売った方が良いというメーカーも数多くあり、当社へもそのような製品がしばしば納入されてきます。そのため当社においても特に念入りに検品してはいますが、個別包装品などはチェックするにも限界があり、そのような製品の「キズ」はお客さまからのお知らせを待つしかないのが現状です。

品質管理に対する姿勢の違いは国民性の違いから来ているので完全な解決はなかなか難しいのですが、お客さまからの苦情の多いメーカーには改善を要求する、それでも改善されないなら取引を中止するなど、当社でも問題解決のため最大限の努力をしております。お客さまにおかれましても海外製品についてはこのような事情があるということをご理解くださいますようお願いいたします。

ページの一番上へ戻る

「すいーとこっとん」の防水シートパネルタイプは切り取るだけで使えますか。それとも周りを縫う必要がありますか?

この製品は切り口がほつれないので、かがり縫いの必要はありません。ハサミなどでお好みの形に切り取るだけで、すぐにお使いいただけます。

ページの一番上へ戻る

手作り素材 オーガニックコットン糸は、ロックミシンでも使えますか?

はい、ロックミシンの糸としてご使用いただけます。布ナプキン手作りキットに入っているボビン巻も同じ製品になっています。

ページの一番上へ戻る

ご利用ガイド

このサイトについて

取り扱い商品について

商品Q&A

ショッピングガイド

サービスガイド

よくあるご質問

各種規約

ご利用ガイドトップページ