クチコミ・レビューから探す
ランキングから探す

« 百貨流お洗濯術(2) 〜アイテムから使い方を探る〜 | ショップからのお知らせトップへ | 今年もできました! スウィーツソーパーの新鮮化粧品。数量限定で販売スタート! »

2013年04月01日

百貨流お洗濯術(1) 〜こんな時にはこの洗い方〜

百貨流お洗濯術 イメージ画像

汚れの種類や洗濯環境によっておすすめの洗い方や洗浄剤も違ってきます。
いくつかの状況を想定して、おすすめの洗い方やアイテムを考えてみましょう。


ケース1:洗浄力を最優先。とにかくガッツリ洗いたい!

・一番のおすすめはやっぱりアルカリ助剤入り粉石鹸
 20℃以上で洗えるけれど、30℃以上なら鬼に金棒。残り湯活用もぜひ!
・靴下の真っ黒汚れなどには固形石鹸洗濯板での部分洗いを。
・石鹸だけでは手に負えないシミ汚れには酸素系漂白剤を。
・40℃以上のお湯と牛脂またはパーム油主体の高温タイプの石鹸で高温洗濯すれば
 目を見張る仕上がりに。
・色落ちを気にしなくてよい衣類なら、40℃のお湯で過炭酸ナトリウム洗濯もおすすめ。
 仕上がりは多少固めだけれど、手早くスッキリ洗い上がる。洗濯槽のカビ予防にもなります。
・「何だかしんどい…」「今日、忙しくて石鹸ムリ!」そんなときのために
 セスキプラスも用意しておくと安心です。


ケース2:時間がない! 手早く洗えるものが欲しい!

セスキプラスなら15分洗いでもOK! 水道水そのままでも使えるが、20℃以上あれば尚良し。
 30度以上あれば酵素パワー全開でよりスッキリな洗い上がり。
・真っ白に洗いあげたいものは過炭酸ナトリウム洗濯でも。40℃のお湯で浸け置き20分から。
・過炭酸ナトリウムやアルカリウォッシュ、炭酸ソーダで洗うアルカリ洗濯は石鹸洗濯に比べて
 仕上がりが少しゴワ付く。これは衣類に残ったわずかなアルカリも原因のひとつ。
 そんなときは酸でアルカリを中和する「石鹸用の」柔軟剤をどうぞ。
 (合成洗剤用の柔軟剤はアルカリを中和しないのでおすすめしません)
・何となくスッキリ洗い上がらなくなってきた? そう思ったら時間のあるときに石鹸洗濯を。


ケース3:お湯が使えないんです…。

・セスキプラスは水道水のままでもOK。水温が低めなら浸け置きを長めに取るという手も。
アルカリウォッシュ(セスキ炭酸ソーダ)炭酸ソーダは冷たいままの水でも
 2〜3時間浸け置きすればOK。
 バスタオルや1日着ただけのシャツなどの軽い汚れなら充分に対応可能。
・食べこぼしや靴下汚れ、ワイシャツのエリソデ汚れは事前に石鹸で部分洗いを。
 お風呂に入ったときについでに洗っちゃうとラク。
・20度以上の水温があると汚れ落ちはアップ。できる範囲で工夫してみよう。
 (ヤカンで差し湯、お風呂の残り湯を活用など)


ケース4:家事未経験者に洗濯を任せなきゃいけない…どうしよう?!

・セスキプラスを使ってもらうのがおすすめ。水道水そのままで洗えて浸け置き要らず、
 すすぎ1回で面倒なし。
 お風呂の残り湯が使えれば、酵素がより元気に働いて洗い上がりもランクアップ。
・アルカリウォッシュや炭酸ソーダなら2〜3時間浸け置きで。
 「浸け置き時間数なんて覚えられない」状態なら、
 「夜に浸けて、朝に洗い上がるようタイマーセット」という伝え方が分かりやすいかも。


⇒「百貨流お洗濯術(2) 〜アイテムから使い方を探る〜」はこちら。

2013年04月01日 01:31 | 12.百貨流お洗濯術