クチコミ・レビューから探す
ランキングから探す
石けん百貨トップ特集バックナンバー一覧布ナプキンのABCトップ > 布ナプキンって 高くない?/まずは気軽に 試してみよう

布ナプキンって 高くない?

最初に揃えるとき高く感じても、実はお得

最初に布ナプキンを揃えるとき、洗い替えを入れると吸収体の入った高機能タイプならMサイズ8枚ほどあれば間に合います。が、Wemoonを例にとると1万円を越える(2006年当時)この金額に、最初は「高い!」と感じるかも。ですが布ナプキンは使い捨てるものではなく長く使うもの。3年〜5年使えるという人も大勢います。高機能タイプでも5年という目安で比べると、使い捨てする紙ナプキンの半分以下の値段という計算に。自宅で過ごす時間をプレーンタイプにしたり、ホルダー2つほどとプレーンタイプでまかなったりすれば、もっと安価で済みます。実は長い目でみると、布ナプキンはかなりお得なのです。

手作りするともっと安上がり!

時間に余裕がある方は、なんといっても手作りがいちばん安価です。肌に優しい素材で作られていることが多い、不要になったベビー服や子供服を材料にする方は結構いらっしゃるようです。小さくなった子ども服を使ってリサイクルするとき、お子さんが小さかったときのことを思い出し、温かい気持ちになれるのがよい、という手作り派のご意見も。最適なのは、ジャージーやネル地ですが、おりもの用や軽い日用なら100円のハンドタオルを畳むだけでも十分。布ナプキンにトライするときにも、手作りなら気軽に始められるかもしれませんね。

5年たつとこんなに違いが・・・
Wemoon8枚 10,920円 対 使い捨ての紙ナプキン1200枚 24,000円※1

※1 ドラッグストアで販売していた15枚入り300円(1枚20円)の使い捨てナプキンを、1日あたり4枚、毎月5日間使うとして計算しました(2006年当時)。

まずは気軽に 試してみよう

休日や軽い日に気軽にスタート

手作り派の方も多い布ナプキンは、使うとほとんどの人が使い続けるスグレモノでありながら、最初の一歩がなかなか踏み出せない人も多いもの。その最大の原因は、やはり“不安”です。重い生理痛や、PMS(月経前症候群)に悩む人も多い現代は、生理そのものに不安を抱いている女性も多く、新しいことを始めること自体にかなり勇気がいるようです。軽い日に、あるいは自宅にいる時間に、まず一度試すことから始めてみては? 終わり頃に試してみて、もし使い心地がよかったら、次の周期までの約1カ月間に準備をするのもいいかもしれません。

究極の目標は、快適な毎日

多くの経験者の方は「無理をしないことがいちばん」とアドバイスしてくれています。一度布ナプキンを使ったからといって、無理して使い続ける必要はありません。不安ならばまた紙ナプキンを使ってもよいし、布ナプキンを軽い日専用にしてもよいのです。私たちの目標は「布ナプキンを使うこと」ではなく、「快適に毎日を過ごすこと」です。もしもあなたが、紙ナプキンで困っていることがあったら、または生理が来るのが憂鬱で仕方がないといった悩みがあるなら、ぜひいつか、布ナプキンを試してみてほしいと思います。

どれにするか迷ったら・・・

あなたにぴったりの布ナプキンを探すために、診断テストを作成しました。Let's Try!

布ナプキン診断テスト(別ウィンドウで開きます)
次のページへ