クチコミ・レビューから探す
ランキングから探す
ホーム

特集酵素で洗う新発想「セスキプラス」セスキプラスってどんな洗剤?

セスキプラスって、どんな洗剤?

2012年11月にアルカリウォッシュ(セスキ炭酸ソーダ)の姉妹品として新登場したセスキプラス。
アルカリ洗濯の手軽さに、さらなる洗浄力と時短をプラスしました。その特徴を以下にご紹介しましょう。

セスキ炭酸ソーダとどう違うの?

セスキ炭酸ソーダとセスキプラスの違い。それは、「酵素」です。

セスキ炭酸ソーダをはじめとするアルカリ剤には油を乳化し、タンパク質を分解する働きがあります。アルカリ剤だけで洗う「アルカリ洗濯」はその作用を生かしたお洗濯法。1日着ただけのシャツや湯上がりに使ったタオルなど、軽い汚れ物を洗うのに適しています。

セスキプラスは、そのアルカリ洗濯に酵素の汚れ分解&反応促進パワーをプラス。従来のアルカリ洗濯で必要だった長時間の浸け置きが不要になり、洗浄力もアップ。より短時間でよりスッキリ洗い上げることができます。

使い方簡単&すすぎ1回

使い方はとっても簡単。洗濯物を洗濯槽に入れてスイッチを押し、適量のセスキプラスを振り入れて洗いスタート。
溶け残りを気にする必要なし。長時間の浸け置きも必要なし。すすぎは1回でOK。
忙しい毎日にほんの少し余裕が生まれるかもしれませんね。

浸け置きがいらないなどちょっぴり時間短縮できます。節水・節電にも。

環境に負荷をかけにくい成分

セスキプラスの洗浄成分は、セスキ炭酸ソーダと4種類の酵素。
界面活性剤は含んでいません。排水と一緒に環境中に出たセスキ炭酸ソーダは生分解不要。
タンパク質である酵素も、水中のバクテリアによって速やかに分解されます。

使用量が少ない

酵素の作用により、使用量は30Lに小さじ2杯で充分。
使用量が少ないということはコストが安いということ。
そして環境に与える影響もより少なくできます。
セスキプラスはお財布にも環境にも「やさしい」洗剤なんです。

全自動洗濯機 水30Lに小さじ1.5〜2杯 ドラム式洗濯機 洗濯物4kgに小さじ1杯