クチコミ・レビューから探す
ランキングから探す
ホーム

汚れ別逆引き事典洗濯槽の汚れ(ドラム式洗濯機)

洗濯槽の汚れ(ドラム式洗濯機)

石けん百貨 洗濯槽クリーナー エヌケープロダクツ お風呂のゴミ取りネット

ドラム式洗濯機の洗濯槽掃除も過炭酸ナトリウムでできますよ。
掃除のコツは、ドアを開けられる水量で掃除を始めることと、
浮いてきた黒カビや汚れを丁寧にすくい取っておくことです。
ゴミ取りネットの用意をお忘れなく!

汚れの落とし方

  1. ドラム内に、ドアを開けてもこぼれないギリギリのところまで熱目のお湯(50℃くらいまで)を入れる
    湯温が洗濯機の耐熱温度を超えないよう注意
  2. 過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤)を洗濯槽に入れる。使用量はお湯10Lあたり100g程度
  3. ドラム全体に過炭酸ナトリウム水溶液がまんべんなく触れるよう、10分以上攪拌する。つけおきコースを利用すると便利
  4. 汚れが浮いてきたらフタを開け、網などですくい取る
  5. 脱水し、きれいな水に入れ替えてすすぎ〜脱水を2回ぐらい行う。水の汚れが気になるときはこの作業をくり返す
  6. 汚れが取りきれないときは、再度上記手順を繰り返す

●ヒント

  • 水平ドラム式や海外製のドラム式洗濯機は過炭酸ナトリウムで掃除できないことがあります。詳しくは関連情報の記事をご参照ください。
  • 過炭酸ナトリウムの粒子を洗濯機が固形物(ゴミ)と認識し、ドラムが回転するとすぐに排水してしまうことがあります。
    そのような機種では過炭酸ナトリウムを洗面器などで溶かしてから洗濯槽に入れましょう。
  • 2〜3ヶ月に1回ぐらいを目安に洗濯槽掃除をすると洗濯槽内をきれいに保つことができます。
    普段からドアを開けておくことや、乾燥機能を定期的に使って槽内を乾かしておくこともカビ予防になります。
2015年1月初出

使い方のヒント

ドラム式洗濯機の洗濯槽掃除

  • 画像doramu_1「つけおきコース」で「洗い」のみに設定。水量は最低水位
  • 画像doramu_2お湯(50℃くらいまで)を入れ、洗濯槽クリーナー(過炭酸ナトリウム)を入れ、スタート
  • 画像doramu_5ドラムの回転が止まったら、黒カビや汚れを網ですくい取る
  • 画像doramu_6排水して終了

参考ページ

一覧へ戻る