HOME  |  アイテム事典  |  基本アイテム  |  エタノール(エチルアルコール)  |  エタノール(エチルアルコール)とは

エタノール(エチルアルコール)とは

エタノールは、デンプンや糖蜜をアルコール発酵させたり、エチレンから化学合成したりして作られます。別名を酒精と言うことからも分かるように、お酒に含まれる成分です。アルコール度数の高いウォッカやホワイトリカーはエタノールの代用品になることもあります。

エタノールの用途といえば「消毒用」。でも、水分を含まない無水アルコールに殺菌作用はなく、水で薄めて初めて殺菌作用を持ちます。そうして調整した消毒用アルコールは、冷蔵庫内や水回りなど衛生面が気になる場所の掃除に最適。揮発性なので、家電など水を使えないものにも使えます。水にも油にも溶けるという変わった性質も持っているので、手作り化粧品や消臭スプレーなど作るときにも重宝されます。

こんな使えるアイテム、救急箱の中に眠らせておくのはもったいない。スーパーの薬局などでも簡単に手に入るので、まずは一瓶買ってみましょう。手放せなくなること請け合いです。

化学名 エタノール(エチルアルコール)
化学式 CH3CH2OH
英語名 ethanol, ethyl alcohol
エタノールの特徴
  • お酒の主成分で、酒精とも呼ばれています。
  • 水にも油にも溶けやすく、揮発性です。
  • 殺菌作用があり、消毒用として使われています。
  • 「無水エタノール」と「消毒用エタノール」が一般的に売られています。薬局で手軽に入手できます。無水エタノールとは、水分を0.05%以下しか含んでいない状態の、ほぼ純粋なエタノール。消毒用エタノールは、無水エタノールを精製水で80%程度の濃度に薄めたもの。消毒用には、80%がもっとも効果が高いと言われます。無水エタノールから手作りするより、消毒用エタノールとして売られている製品を買った方が安く付くことが多いようです。
エタノールが得意なこと
  • 身体や身の回りの器物、手作り化粧品容器などの殺菌消毒。スプレー容器に入れておくと使い勝手がよい。アルコール類はプラスチックを溶かすことがあるので、アルコール耐性のあるスプレー容器を選びましょう。
  • 水が使えない場所の拭き掃除など(電化製品やコンセント周りなど)
  • エッセンシャルオイルなどを、水などに溶かす溶媒として(濃度や量によってはうまく溶けないこともあります)
  • インフルエンザウイルスなど、エタノールで不活性化できる病原菌やウイルスの消毒
  • 台所など、あまり厳密な消毒が必要でない場所のお掃除には、ホワイトリカーやウォッカなども使えます。
    (ホワイトリカーのアルコール度数は35度、ウォッカは40度)
エタノールが苦手なこと
  • 服などの汚れ落としにはあまり向いていません 
  • 無水エタノールには殺菌作用がありません
  • ロタウイルスその他、エタノールが効かない病原菌やウイルスを不活性化させることはできません
使うときの注意点
  • 引火性があります。使用や保管の際には、火気を近づけないでください。
  • 揮発性なので、密栓して冷暗所に保管し、使用するときは換気に十分気を配ってください
  • 消毒目的で手肌に使うときは、まず石鹸などで汚れを洗い落としてから使います。あまり頻繁に使うと、脱水作用で肌が荒れることがありますので注意しましょう。

以下の材質には使わないでください。

  • スチロール製品: 白く濁ったようになることがあります
  • ニス塗装の製品: ニスが溶けることがあります
  • 皮製品: 光沢がなくなることがあります

※これら以外の材質でも、使う前に目立たない場所で試し拭きをするのがお勧めです。

2009年11月

ページのトップへ移動