ナイアード ヘナ100%

ナイアード ヘナ100%

ナイアード ヘナ100% 100g

ナイアード ヘナ100% 徳用400g

  • サムネイル0
  • サムネイル1
  • サムネイル2
メーカーロゴ
レビュー

4.12(全33件)

ヘナ本来の良さを味わいたい方に。

ヘナのみを100%使用した、ナイアード(naiad)のヘナシリーズで一番シンプルな「ヘナ100%」です。白髪がオレンジ~赤褐色に染まります。染めた直後より、4日後くらいの方がやや濃くなります。

徳用400gはシンプルな簡易パッケージで、中味は100gずつの分包です。手袋は添付しておりません。

詳しい使い方は、ナイアードのサイト「ヘナ100% 使い方別ウィンドウで開きます」をご覧ください(PC向けサイト)。

→さらに詳しい説明を見る

レビュー・商品口コミを見る・書く(全33件)

交換・返品について
ナイアード ヘナ100% 100g

商品番号 NI1616100

ナイアード ヘナ100% 100g

当店販売価格1,080円(税別999円

※一度にお求めいただけるのは10個までです

※リニューアルのため在庫限りで販売終了(リニューアル品は2019年2月発売予定)

  • 在庫5

カゴに追加しました


合計 ??????

カゴを見る

カゴに入れる
  • お気に入りに追加
ナイアード ヘナ100% 徳用400g

商品番号 NI1616101

ナイアード ヘナ100% 徳用400g

当店販売価格3,240円(税別3,000円

※一度にお求めいただけるのは10個までです

※リニューアルのため在庫限りで販売終了(リニューアル品は2019年2月発売予定)

  • -
  • 売り切れ

    ナイアード ヘナ100% 商品情報

    全成分ヘンナ(100%)
    容量100g
    400g
    発売元 ナイアード

    ナイアードのヘナ 特徴

    • 染まる色調や、色素吸収する時間は、人によって違います。初回は染めるのに時間がかかったり、まれに染まりにくい場合もありますが、何回か使用しているうちに馴染んでしっかり染まるようになります。
    • 着色料や化学染料などを混ぜていない純粋なヘナは、髪や肌を傷めないので、連続して使用しても問題ありません。何度も重ねて染めると白髪の部分は、だんだん落ちついた色あいになってきます。
    • ヘナは元の髪の色に赤褐色が重なる、いわば天然のヘアマニキュア、カラートリートメント剤のようなものです。黒い髪、染めた髪にはその上にヘナの色が重なります。染髪剤などで傷んだ髪にも最適です。白髪が10%ぐらいまでの方は、とても自然に仕上がります。黒くしたい方はヘナ+大青を3回くらい繰り返し使用すると、色が重なり、かなり濃い焦げ茶色になります。ヘナや大青などの植物染料は色素が髪の毛のなかに浸透して染まる永久染料なのですが、髪に浸透を阻むものがついていると色素は浸透しにくくなり、染まりもわるく、落ちやすくもなるようです。
    • 黒い髪の方は、トリートメント剤としてご使用ください。美しい髪を維持するために、インドでは若い女性もこれらのハーブを使っています。使用法は染めるときと同様ですが、放置時間は短くてもかまいません。目や口に入らないようにしてください。お肌にあわない場合は、ご使用をおやめください。

    最新レビュー・商品口コミ

    評価
    4

    4.12

    ★5 by はっさくさん (2018/09/10)

    ハーブ入りの物が売り切れていた時に購入。 かれこれ15年以上ヘナなせいか、ハーブ入りより明るく染まった実感は特にあ... もっと見る

    ★3 by 鶴さん (2016/12/24)

    ムクティのヘナ(オレンジ)を長年使用しています。というか、これしか使ったことが無かったのですが、只今欠品中とのこ... もっと見る

    ★5 by honuさん (2014/11/20)

    今まで、白髪は抜いていたのですが、増えて限界を感じ、ヘナで染めてみました。 1回目は、4時間放置、白髪は赤く綺麗... もっと見る

    ★4 by kyuさん (2014/04/16)

    白髪が出てくるお年頃に。ヘナ100%は白髪に乗せると赤くなるので少し派手かな?と思っていましたが、友人や会社の同僚が... もっと見る

    ナイアード ヘナ100%が登録されているカテゴリ


    化粧品取り扱い基準の商品のついている商品は、石けん以外の界面活性剤が配合された、化粧品取り扱い基準の商品です。石けん百貨では、化粧品に関してのみ、その他の商品とは別の取り扱い基準を設けて販売しています。詳しくは「化粧品と界面活性剤について」をご覧ください。