HOME  |  実践・実験:石けん生活  |  ナチュウォッシュ・リキッドの「カビ」「ヌメリ」に対する効果検証

ナチュウォッシュ・リキッドの「カビ」「ヌメリ」に対する効果検証

浴室の排水口のヌメリやカビに対してナチュウォッシュ・リキッドがどのような作用を及ぼすかの実験を行いました。

◆検証対象と期間

一般家庭の浴室の排水口で、2か月間検証を行った。

◆検証方法

1.浴室の排水口の汚れをスポンジを使って取り除いた(上記画像)。
※画像の排水口左下に見えている黄色い三角は、ゴミ受け部品購入時に付いていたシールの欠片。実験には無関係。
※掃除の際に漂白剤等は使用していない。
2.洗濯に使う濃度に希釈したナチュウォッシュ・リキッド約1Lを、入浴後に排水口全体にまんべんなく流し掛ける。
3.擦り洗いやその他の掃除は一切行わない。
4.ナチュウォッシュ・リキッドを流し込む時以外は、排水口部分を隠すためのフタをする。
5.これを毎日行う。

◆1ヶ月後の状態

四隅に少し黒ずみが出ているが、目立ったカビやヌメリは殆ど見られない。

ゴミ受けなどを手で触ってみても、ヌル付きは感じられない。

画像では画面上部が少しピンクがかっているが、これは元々そういう色。ピンク色のヌメリが出ているわけではない。

◆2ヶ月後の状態

1ヶ月後と比べると少しカビが増えている。ヌル付きは1ヶ月後と同様殆ど感じられない。

◆考察

今回のような条件で2ヶ月経過すれば、カビやヌメリの大規模な発生が見られるのが一般的である。

しかし、実験ではカビやヌメリが殆ど発生しなかった。擦り洗い等の清掃作業は一切行っていないため、ナチュウォッシュ・リキッドがカビ・ヌメリを防いだ可能性が高いと思われる。

◆「バイオフィルム」を破壊するナチュウォッシュ・リキッド

ナチュウォッシュに配合している天然バイオ物質には、「バイオフィルム」を分解する働きがあります。

バイオフィルムとは、微生物やカビが我が身を守るために作り出すバリアのような物質。浴室の排水口や床に発生する「ヌメリ」などはその典型例です。

洗濯槽や、排水の通る配管内にもカビや微生物は常に生息しています。これらが大繁殖すると不衛生なだけではなく、配管が詰まり水漏れする等の不具合の原因となります。

ナチュウォッシュを洗濯用洗剤として毎日使うと、洗濯排水の流れる全ての場所に存在するバイオフィルムをその都度壊してゆきます。絶えずそのように攻撃されるカビや微生物は少しずつ弱り、除去されやすくなります。

配管等に新たに取り付いたカビや微生物も、ナチュウォッシュ・リキッドによりバイオフィルムの生成を阻害され続けます。結果、大きなコロニーを作ることが難しくなります。

ナチュウォッシュ・リキッド配合の天然バイオ物質は、土壌中に普遍的に存在する物質を原料としています。そのため、環境中に放出されてもほぼ無害です。

洗濯にナチュウォッシュ・リキッドを使うと、洗濯槽や排水ホース、排水が通る配管内の清掃が「手間無しで」「効果的に」「環境に低負荷で」行える可能性があります。

ページのトップへ移動